まぶたクリームアイアクトの口コミ|ピクピクから表情が変わる?

スパイン製薬のまぶたピクピククリーム・アイアクトの口コミ評判は?開かない、自然にしまるから・・・、表情が変わる?

眼瞼痙攣用クリームアイアクトに含まれるアルジルリンの効果とは

まぶたが勝手にピクピクする、
あるいは閉じてくる・・・。

そんな痙攣(けいれん)するまぶたにいいといわれている
眼瞼痙攣用クリーム・アイアクトにはアルジルリン
という成分が含まれています。

どんな成分なのでしょうか。ちょっとだけ調べてみました。

アルジルリンはスペインのある製薬会社によって
開発された成分です。

スペインという国には、じつはある「規制」があります。

それは「ボトックス注射」に対する規制です。
禁止されているのです。

筋肉の動きに関わる神経伝達物質の分泌を抑制するはたらきのある
ボツリヌス毒素をまぶたに注射することで筋肉の緊張を和らげ、
シワの予防や改善効果のある治療方法です。

これがスペインでは禁止されているのです。

そこで、これに変わるものを、
と開発されたのがアルジルリンという成分なのです。

ボトックス注射ほどの強い効果や即効性はありませんが、
アルジルリンを塗り続けることで、
ボトックスと似たような効果を得ることができるのです。

いわゆる「表情ジワ」ですね。
顔の筋肉が収縮することで
そこの皮膚がクセになってしまうしわ

そんな表情ジワに効果的な成分というわけです。

筋肉をコントロールしている神経を和らげるという
メカニズムですから、まぶたの筋肉がムダにピクピクすることにも
効果的だということでアイアクトにも配合されているのでしょう。